12/24 センター全体 触れる地球ミュージアム&COP21報告会に参加!


当センタースタッフが、「触れる地球ミュージアム」の見学とCOP21の報告会への参加をしてきました。

「触れる地球」とは、世界初の「ライブ地球儀」。
球体のモニター上に、リアルタイムの地球全体の気象情報、地震の頻発地帯、海流や大気汚染物質の移動など、様々な情報が映し出されます。
その名のとおり、この地球儀は触れると回すことができ、見て触って地球の活動を知ることができます。

過去百数十年の気温上昇や、CO2濃度の上昇も見ることができ、地球温暖化が進行していることを実感できました。こんなツールを使えば、言葉で聞くよりずっと温暖化の現状について理解しやすいと感じました。

1222-1
近年になるほど地球の温度が上がり、地球儀が真っ赤に

触れる地球ミュージアム
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル6階「TIP*S 3×3Labo」内
(2016年3月まで上記の会場で展示中。その後は大手町に展示コーナーを新設予定)
詳細はこちら

全国地球温暖化防止活動推進センターの主催で、「日本一早い!?COP21報告会」が行われました。国立環境研究所の亀山康子氏から、これまでの国際交渉の流れや、先日のCOP21で採択されたパリ協定のポイントが説明されました。
会場は満員で、一般の方の関心の高さがうかがえました。

1222-2

 

カテゴリー: センター全体, ブログ, 未分類 パーマリンク